歴史について

| 未分類 |

ガリューの歴史は1996年より始まります。ベースが日産クルーサルーンでエンジンがクルーサルーンと同様2000ccの直列6気筒RB20E エンジンを搭載しており、5人乗りで生産されました。そしてドアの数は4ドアと結構珍しいタイプの自動車でしょう。そして、3年が経過して2代目のガリューⅡと車名を変更していきました。

 
ガリューⅡは、かなり重量感のあるデザインがあり、現在のガリューに近いデザインをしていました。そして、このガリューはリムジン仕様で生産されており、かなり値段が高い自動車です。それが原因なのか少数しか販売されなかったのです。そして、現在は認定中古車として製造しています。
その後ガリューⅢが2005年に登場、その後に開発されるガリュークラシックが登場することで販売終了となりました。

 
このようにして歴史が流れて現在が4代目のガリューとなっています。過去から独特のこだわりを追求してきたガリューに固定のファンがいることも根強い人気となっており、中古車市場でも、高い評価を受けている車です。あまりめぐりあう機会は少ないかもしれませんが、もし興味がある人はぜひ、どの時代の車がほしいのか特定して探してみると、よい車に出会えるチャンスを見つけることになるのではないでしょうか。